FrontPage

書きかけ。

寝坊と遅刻

しょっぱなから寝坊、全身の倦怠感に負けず布団を這い出る。
どうやら寝不足らしいが、あわてて支度をして飛び出す。

スケッチブックを忘れて大急ぎで文房具屋により、電車に飛び乗る。

地図を握り締めながらの移動だが、一度駅構内の様子をフォトレポで見ていたおかげで無事に到着。

人間団塊

会場についてみると、見知った顔がちらほら。

女性比率が以前に行ったイベントに比べると上昇したように思える。

会場の場所が東京ということもあって、関西イベントやうかべんの時とは顔ぶれがかなり違う。

ついた時刻が開場から三十分以上たった頃だったのもあって、すでに場内はまったりムード。

隅に固まっておしゃべりや、戦利品の品定めをしている方々、交流を深めているかたがたが多かった。

あちらこちらの人と挨拶を交わしながらすすんでゆくと、

ひときわ華やかなところがあったので早速覗く。

みなさま個性豊かなかたがたばかりでした。

紹介されてみればお名前をよく知っているが会ったことはない方たちがたくさん。

しょっぱなから、寝ぼけ眼でテンションがおかしかった僕につき合わせてすいませんでした。

ネコミミと帽子があったのでためしに被ってみる。

銃を持っている人がいたので借りてみる。

どこかにこんなゴーストいそうだな。

いつはずせばいいかときいたら、

そのままでいいといわれたのでしばらくそのままでした。

他の人に無理やりかぶせて会場内に狙っていた本を狩り出しに行く。

伺カタンやデスクトップの砕き方、うにゅうT、パクシクマグカップなどをゲット。

色紙

しばらくぶらぶらしていたが、

本部前にいったら色紙が置いてあるのを見つけた。

じゃんけん大会の賞品にするなら自由に描いていいとのことだったので、何かできないかなと考えてみる。

自分が欲しいならなんだ、と考えたら、

寄せ書きが欲しかったので早速いろんな方にお願いしてかいていただいた。

ありがとうございます。

あと、考えていた以上に時間がかかったので、

ご飯の時間が縮まってしまってすいません。これは一番の大失敗でした。

提出して食事。

横一列

周囲に何もない。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS